カテゴリー別アーカイブ: 日記

食べ歩きについて

私はラーメンの食べ歩きが趣味でよく食べに行っています。
週に3~4回程はラーメンを食べています。

最近はマーボーまぜそばというラーメンを食べました。
もっちりとした太麺のうえに甘辛いマーボー豆腐と半熟たまごとチャーシューがのっていました。

マーボー豆腐に麺が絡み、半熟たまごを潰して食べると味がまろやかになり、とても美味しかったです。

また、ご当地麺の台湾まぜそばや岡崎まぜめんもよく食べます。

台湾まぜそばは台湾ラーメンの汁なしバージョンで、甘辛いひき肉やスクランブルエッグを丼の中で混ぜ合わせて食べます。
ちょっぴり辛いですが、その辛さが癖になります。

岡崎まぜめんは地元岡崎の八丁味噌を使ったタレで甘辛い味噌の味わいが特徴的です。

最近、一番ハマっているのは二郎系ラーメンというものです。

スープは豚ベースに醤油ダレで、脂やにんにくの量を自分好みに調整出来ます。

食べ応えのある太麺のうえには、たっぷりの野菜と分厚いチャーシューがトッピングされているのが特徴的です。

これからも美味しいラーメンを探し続けたいと思います。

西北でホットヨガ体験なら

自分に厳しく他人に優しくって難しい

一昔前の親世代なら人情にも厚く、「自分に厳しく、他人に優しく」とか「情けは人のためならず」と我が子に言い聞かせるように他人にも教えを説くことが多かったようです。

そんな親世代に育てられた人たちが定年退職を迎えたり、一線から退いたりしています。

今の若い世代や新入社員が理解できないのは不思議ではないかもしれないですよね。

今の自分に当てはめて考えるとこの教えの、「自分に厳しく」って意外に難しい。

他人に優しくは出来るときと出来ないときがある。
どうやら自分に余裕がないときに出来ていないみたいです。

金銭面でも精神面でも時間でも余裕がないと人を思いやって行動したり話をするのは難しいです。

逆に、自分に余裕があれば、「あのとき(余裕がない時)は気になったけど今日は大丈夫」のように他人の行動も許せたりします。

要は自分が満たされていないのに他人を気遣うことができないようです。

これって自分がひねくれているから?と思って周囲の人にも聞いてみたけど、みんな「そんなもんだよ」っていう答え。

どうやらまずは、自分を満たすことから始めたほうが良いらしい。

だからといって自分勝手ではいけない。
この辺りは大人として常識ある、秩序を守った態度が求められる。

年や季節の変わりめ、誕生日を迎えたとかをきっかけに、新しいことにチャレンジするのもいい。

今まではなんだか心の狭いやつと自分で思っていたけど、これからはかっこいい大人を目指していこう。

そう、まずは自分に優しく(自分を満たして・・・ここがポイントかも)、他人にも優しく、これで行こう!こうじ酵素 モニター

美味しいお料理には美味しいワインを

ここ何年か、ワインが大好きになりました。

お酒そのものは学生時代から飲んでいますが、若いうちは飲みやすいカクテルばかりを飲んでいました。

ワインも早々に試したことがありましたが、お酒の味が強くてそんなに美味しいとは思えませんでした。

飲めないことはないけれど、そんなに美味しいとは思えなかったんです。

それが、ここ数年で一気に変わってしまって、以前好んで飲んでいた甘いカクテルのほうこそ飲めなくなってしまいました。

社会人になって外で飲む機会が増えて、お酒に慣れてしまったのかな。

でも、甘いジュースのようなお酒は、美味しいお料理には合いません。

対してワインは、イタリアンにもフレンチにも文句なくマッチしますし、日本のお料理にも結構合いますよね。

そう考えると、お料理がより美味しくなるというところからワインが好きになったのかなと思います。

友人たちの中には、ワインはまだ苦手という子もいますが、逆にワインなら大丈夫という子もいます。

日本産のワインは甘くて口当たりの良いものが多い気がしますので、苦手という方も試してみてはいかがでしょうか。
クラチャイダムブラックマックス

長男のおしゃべり

もうすぐ3歳になる長男が最近急にたくさんしゃべるようになったのですが、たどたどしい日本語を一生懸命喋るのでとても微笑ましいです。
洗濯機からピーピーと終了合図が鳴ると「ママ、せんたくももがやけたよー」と言い、炊飯器がピーと言うと「ごはんがやけたよ」となんでも焼けると言います。
毎朝パンをトースターで焼くたびに私が「パンが焼けたよー」と言っていたのを覚えたようです。
また、きゃりーぱみゅぱみゅがテレビにでてくると彼女の代表曲のにんじゃりばんばんからか、彼女のことを「にんじんばんばん」と呼びます。
男の子なのにプリキュアが好きで、「きゅりぴあ」と言います。
最近一番多い質問が「ママ、にんじんばんばんときゅりぴあどっちがすき?」で、「にんじんばんばんかな」と答えると「ちがうでしょ、きゅりぴあでしょ」と
答えた方と違う正解を発表されます。
アンパンマンを見ていると「アンパンマンわらってるね!ばいきんまんおこってるね!」と、笑顔か真顔かの判断しかないようです。
何度も同じ事を繰り返すので、時に苛々してしまうときもあるけれど、やっぱり微笑ましくてつい笑ってしまう今日この頃です。

痩せたいと願う上司の一週間

増税前に買っとかなければ!と焦った方もおおいのではないでしょうか。
日用品はリピートしている化粧品。
何年分ものストックは無理だけど、しばらくの間は焦らなくてもいいようにと安いところを私もめぐりました。
会社の上司は休憩時間になるとパソコンのまえでうーん…と悩み顔。
何を観てるのかと思ったらファスティングダイエットの為の酵素ドリンクを買おうか一週間悩んでおりました。
彼女は太っていないし、ダイエットの必要はないと思うのですが、これだけ話題になってるドリンクだし試してみたいそうです。
増税一週間前についに楽天の購入ボタンを押し、ついに商品が届いたそうで。
一日目は酵素ドリンクを炭酸水で割って飲んだら満腹感がすごいと大絶賛。
せっかく購入したのだからデトックスしてやろうと本気です。
一週間ほど晩ご飯置き換えで頑張り、週末は一日酵素ドリンクのみにすると体重もすこーし減って体が軽くなったそうです。
すごく美味しかったらしいので私も買っておけばよかったと後悔中です!

痛くても、新生児ってやっぱりいい。

先週の木曜日に、第3子となる娘を出産しました。
出産した時はもう痛くて痛くて…もう二度と生むもんか〜!と思うほどの激痛でした。
が、娘の顔を見ていると、痛みも忘れるほど…というわけにはいきませんが、やっぱりとてもいとおしいですね。
この子がわたしのお腹の中に入っていたんだなあ…と思うと、とても感慨深いです。
願っていた第3子の妊娠が発覚した妊娠検査薬、つわりに悩まされた日々、お腹が重たくて前かがみにならないと歩けないつらさ、
そして陣痛促進剤を打ってもなかなか陣痛がつかず、早く生まれて〜!と心の底から思った陣痛分娩室での思い出…
陣痛促進剤のほか、抗生物質と子宮口をやわらかくする薬を点滴し、バルーンも入れ、人口破水までさせて…
本当にフルコースな出産だったけれど、やっぱり自分の子供は本当にかわいい。
上の娘に似ているからか、下の娘の顔を見ていると、上の娘が生まれたときのことも思い出したり…
そういう時間って、母特有の幸せな時間なんですよね。
わたしはもう出産することはないけれど、この初心はずっと忘れずに居ようと思います。

女に挟まれた息子の趣味?

今日から上の娘は幼稚園。

わたしは先週の木曜に出産したこともあり、あまり家から出ないで家事。

旦那さんはもちろん会社。

生まれたばかりの下の娘は寝るのが仕事。

…というわけで、ひとりフリーで自由奔放に遊べるのが、1歳7ヶ月の息子。

本当はものすごく興味がある、お姉ちゃんのネックレスやブレスレットのおもちゃやおままごと。

いつもなら「だめー!」と言って触らせてくれないそれらのおもちゃも、お姉ちゃんが幼稚園に行っているもんだから遊び放題。

わたしもちょっと躊躇するのですが、生まれたばかりの娘のこともあって外遊びが出来ないのは息子もかわいそう…ということで、ちょっと大目に見ちゃってます。

それにしても、やっぱりきょうだいの影響っていうのは大きいものなのでしょうか、息子は仮面ライダーやトッキュウジャーなどに一切興味がなく
お姉ちゃんの大好きなおままごとやおしゃれ、プリキュアなどのキラキラ系が大好き。

女に挟まれた息子、今後はどうやって育っていくことやら…母はちょっと心配です…。
みどり酵素の最安値を紹介するサイト

大変でも幸せを感じることが出来ます

第3子となる下の娘が生まれて6日目、退院して4日目。
自分たちでそうと決めて実家の助けを得ずに生活を戻しましたから、当たり前のような日常生活が退院初日から始まっています。
でも、意外とどうにかなるものだなあと感じています。
最初は「子供たちのお風呂はどうしよう」「夕飯時に3人まとめてぐずられたら…」「ねかしつけはどうすべき?」などと悩んでいましたが、
実際その場になると、なんとか解決できているようです。
上の娘がものすごくいろいろ手伝ってくれるようになり、下の娘を見ても「かわいいー」とか「ほっぺたつんつんしちゃった」と嬉しそう。
息子はまだあまり分かっていないというのもありますが、マイペースに生きているもよう。
なにかあれば大好きなお父ちゃんに要求していますし…
下の娘も今のところほとんど手がかかりません。
寝てるのかな?と思いきや、一人で起きて手足をバタバタさせて満足そうな感じ?
大変なのはこれからでしょうが、それも幸せのウチかなあ…と思うと、かぁちゃんは頑張れてしまうのです。

つばめがやってきた

ふと外を見ると、つばめが飛んでいた。

どこに行くのかなって見つめていたら、どうも我が家の屋根付近に飛んできたみたい。

ちゃんと見ようと思って、玄関から外に出て我が家を見上げると、二階の屋根の下あたりに巣を作っている最中みたいだった。

そうか、我が家で子育てする準備か~とほのぼのとした気持ちになった。

けれど・・・つばめの巣の下って確かフンが落ちてくるんだよな~って思うと、何か対策しとかなきゃってことが浮かんできた。

巣の下あたりには、いつも自転車停めたりしてるんだけど、そのまま置いたらフンがついちゃうよね。

しばらくの間は停める場所をちょっと変えようかな。

巣の真下に板か何か取り付ければいいんだろうけど、構造的にちょっと無理だしね。

しばらくの我慢・・・でも確かつばめの巣って毎年同じ場所に作られるっていうのも聞いたことあるし、やっぱりどうにか板とかつけられないかな~。

壁に穴開ける事になるだろうけど、とにかく旦那が帰ってきたら相談してみよう。

縁起が良いっていわれるつばめの巣だから、壊したりとかは考えられないし、どうにか共存できるように考えてみよう。
スリムフォー 効果なし

初めての歯科医院

歯医者さんに行ってきました。
長年お世話になっていた歯科医院が無くなってしまったので今日からは別のところ。
日常的に行くお店の近くにあるので通いやすい歯科医院です。
街の中では比較的新しい歯科医院で、これまで行っていた所とはいろいろ違っていました。
まず建物がちょっとオシャレな雰囲気があります。
そして特に驚いたのが、入口のスリッパが滅菌されていたことです。
歯医者でなくてもスリッパが滅菌されているところは初めてです。
床はフローリング、待合室にはテーブルがあってリラックスできる感じがあります。
いざ治療となり椅子に座ると目の前にはティッシュペーパーが置いてあって自由に使うことができます。
先生は治療に関しての説明を丁寧にしてくれました。
歯を削る時には霧状の水が顔にかからないように気を使ってもくれます。
前行っていた所では顔に水がかかってもそのままでした。
助手や受付の方も丁寧で、今どきの歯医者さんはこうなんだととても新鮮でした。